レビュー一覧に戻る
コッポラの胡蝶の夢
2008年8月30日公開

コッポラの胡蝶の夢

YOUTH WITHOUT YOUTH

1242008年8月30日公開

oce********

2.0

よく分かんない

コッポラの10年ぶりの監督作という触れ込みだが、よく分からなかったというのが感想。 時代は1938年。 自殺を決意したドミニクだがそこに落雷が直撃する。 瀕死の状態から驚異の回復を見せるが、肉体や頭脳も若返りを見せていく。 そう転んでいくかという展開を見せるが、やたら変なカメラワークや安い合成など、ほんとに映画のクオリティかと思うような場面が多々ある。 結局主演のティム・ロスにおんぶに抱っこな映画としか思えなかった。

閲覧数1,401