レビュー一覧に戻る
劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!
2008年12月20日公開

劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!

752008年12月20日公開

whi********

4.0

ネタバレそこに絆がある限り・・・

オープニングは「妖怪横丁」のお祭りから!! 五人の〈鬼太朗〉に、五人の〈猫娘〉、 その時代ごとの鬼太朗が、そのままの映像と声で私たちを迎えてくれます。 〈鬼太朗〉同士が会話して、なんだかとっても不思議な感じ。 でも、 きっと誰もが“自分の時代の”〈鬼太朗〉を求めて映画を見に来てる。 だからこそ、この前フリ、かなり必要かも。 「私の鬼太朗じゃないよ…」って感じちゃう前に、 今回の、『名探偵コナン』くんの鬼太朗が挨拶してくれるわけです。 私の鬼太朗は、『ドラゴンボール』の〈孫悟空〉ですが、 コナン君の声に慣れるまでに15分位かな。 芸能人やアイドルに声優を任せなくて、本当にありがとう。 そして、何よりも、 〈目玉オヤジ〉が、いつの時代も変わらずそこにいることに安堵しました。 「おおぃ、キタロウっ!」 ほらほら、あなたもまねっこできるでしょ(^○^) キャラクターも声優もずっといっしょで、がんばってるんだな、目玉オヤジ。 子どもの頃は、ずっと 〈目玉オヤジ〉は〈鬼太朗〉の左の目の玉だと思ってたんです。 この間違いは、 大人になってから、テレビの「なつかしのアニメ集」なんかで知りました。 今日はその、鬼太朗に会えて、なつかしさいっぱいでレビューです。      ■■■■■本編■■■■■ 鏡におびえる優等生の女の子、はな。 鏡の向こうに妖怪が見えるなんて、誰も信じてくれない。 誰も助けてくれない。 ううん。 聞いたことがあるの。 妖怪ポストから手紙を出せば、 ゲゲゲの鬼太朗さんが妖怪から助けてくれるって。 「時間はおおまがり」 「人気のない所で」 「このおまじないを唱えれば」 妖怪ポストが現れるって… はなは歌う、願いをこめて。 「♪からん ころん からころろん」 空き地だった場所にいきなり現れた妖怪ポスト。 「お願い。鬼太朗さん、助けに来て!」 ■ 手紙を受け取った鬼太朗が駆けつけたときは、 時、すでに遅し。 はなは、鏡の世界に連れ去られた後… 鏡の世界を自由に行き来できる〈鏡おじじ〉は、 鬼太朗の力の源をすべて奪い、圧倒的な有利さで打ち負かす。 いいえ。 そのさらに上をゆく力の持ち主は、 もっともっと恐ろしいことを考えていた。 閻魔大王(ここでは「いいもん」です。)すら、 渾身の力を使ってやっと封印したというその「悪しき存在」… 彼の名は〈ヤトノカミ〉。 日本の伝説の「やまたのオロチ」を思わせるその化身、 『ナルト疾風伝』の〈おろち丸〉を思わせる圧倒的なその力、 ヤツを復活させてはいけない。 ヤツの復活のキーワードは「絆」 選ばれし人間が、心に「絆」を感じる限り、 決して魂のかけらはヤツに渡りはしない。 復活させてしまえば勝てる見込みはないから。 ■■■ 鬼太朗は今年で40周年なんだって! 生まれる前からあるアニメって、すごいよね。 CGもちょこっと使って、壮大なスケールでした。 実写版には、いくら好きな俳優が出ていても興味はないけど、 アニメならと、息子のリクエストに答えて今年最初の映画です。 「地獄の門」 「妖怪四十七士」 「『ドラゴンボール』の元気だまによく似た技」 楽しいキーワードはまだまだいっぱいあるよ。 そして〈ねずみ男〉は、今回も期待を裏切らず、鬼太朗たちを裏切るのだ。

閲覧数422