レビュー一覧に戻る
劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!
2008年12月20日公開

劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!

752008年12月20日公開

tki********

1.0

子供も大人も素直に面白くない

本日、初日の夕方、鬼太郎が大ファンの子供と観てきました。 20日のサービスデーで大人1,000円でしたが、ほとんどガラガラ。 「鬼太郎」ってこんなに人気無いのかな、、、満員を覚悟していたので、かなり肩すかしでした。 作品ですが、大人も子供も素直に面白くありません。 テレビの「鬼太郎」がなぜ人気があるのか、製作者は全く理解していない。 40周年を飾る映画がこんな出来で、水木しげる先生だけでなく全国の鬼太郎ファンもガッカリな内容でした。 「鬼太郎」の魅力は ?妖怪ワールドである(少し気味が悪いが、なぜか懐かしく優しい世界)。 ?鬼太郎の魅力。キャラはもちろん、必殺技(ちゃんちゃんこ、下駄、毛針等)の数々。 ?サブキャラの魅力。 ?鬼太郎ファミリーの結束と友情 それに対して今回の映画版は ?物語のほとんどをテレビの鬼太郎以外のキャラで進むため、何の映画か分からない。 ?テレビのサブキャラ(猫娘、ぬりかべ、一反もめん等)の出番・活躍がほとんど無い。 ?悪役の妖怪が、どうみても妖怪に見えない(ほとんど怪獣)。 ?鬼太郎の戦いが「ドラゴンボール」化していて、訳が分からない(最近テレビ版もそうだけど、それ以上) ?御当地バージョンとのことで、横浜市長や関東の観光地が出てくるが物語に全く関係無い。 ?妖怪四七士の活躍は全く無いに等しい(第一、妖怪四七士は集結しないし、数秒しか登場しない)。 ?たった1時間の映画なのに、物語につながりや統一感が無く、しっくりこない。 そして、理由がよくわからないですが、液晶テレビで早い動きを見ているような画面のズレやピントのズレが頻繁におき、作画自体もかなり雑さが目立ちました。 また「エヴァンゲリオン」のような気持ちが悪い作画もあり、子供に見せるには抵抗を感じました。それに新キャラの女性教師が必要以上に巨乳でセクシー(お父さんへのサービスか!)。 子供は、ぬりかべと一反もめんの大ファンでしたが、ほとんど登場も無く、さみしい限りでした(上映時間は1時間なのに、あくびばかり)。 あえて表現するなら「凝ったCGだけの退屈なSF映画」のような作品でした。 これ観るなら、レンタルDVDで過去のテレビ版「鬼太郎」を観る方が子供は喜びますよ。

閲覧数617