2008年9月13日公開

弾突 DANTOTSU

PISTOL WHIPPED

1002008年9月13日公開
弾突 DANTOTSU
2.4

/ 62

5%
5%
32%
44%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

酒とギャンブルにおぼれすべてを失ったあげく、冤罪(えんざい)で警官としての仕事も追われたマット(スティーヴン・セガール)の前に、彼の借金を肩代わりしたという謎の男(ランス・ヘンリクセン)が現われる。男はその代償として法で裁けない犯罪者たちの除去をマットに要求し、マットは命じられるがままに制裁を実行していくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(27件)

かっこいい28.6%勇敢25.7%笑える8.6%絶望的5.7%切ない5.7%

  • t_m********

    2.0

    セガールワールド

    セガールだけは、撃たれない。セガールだけは体格良くても強い。アクションのストーリー性はなし。

  • Bell

    3.0

    普通

    セガール映画にしては賛否あると思うが、午後ローレベルからすれば及第点。ただ、最後の銃撃シーンでセガールだけ防弾で味方も敵も防弾してない設定が低脳脚本。

  • マコト

    2.0

    ジョンウェインを目指したのかなぁ

    設定は違ってもみんな同じ。 どの作品も他のセガール作品とタイトルを替えても気が付かない。 ダサいロングコートを着る前の作品 でも暇だとついみちゃう。

  • しおびしきゅう

    3.0

    ダントツ?

    『午後のロードショー』で鑑賞! 沈黙の……はネタ切れか? 酒とギャンブルに溺れ、ダメダメ親父! 珍しいね。 盗んでないお金を盗んだとされ、警察を首に! まあ、盗みをしていないとはいえ、その疑いを受けるに足る借金があるという所が、いつもの親父らしくない!? 謎の爺さんに借金の形に殺しの仕事を請け負うことになる! 悪い奴をやっつける、無敵なところは、いつもの親父! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • NUG

    1.0

    ダントツ

    つまらない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
弾突 DANTOTSU

原題
PISTOL WHIPPED

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル