2008年9月6日公開

落下の王国

THE FALL

1182008年9月6日公開
落下の王国
3.8

/ 639

32%
33%
22%
8%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会う。彼は彼女にアレキサンダー大王の物語を聞かせ、翌日も病室に来るようささやく。再びアレクサンドリアがロイのもとを訪れると、彼は総督と6人の男たちが織り成す壮大な叙事詩を語り始める。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(283件)

ファンタジー16.3%不思議10.7%切ない9.7%かわいい8.9%ゴージャス8.1%

  • pat********

    5.0

    ネタバレ公開当時、映画館のフルスクリーンで見たかった!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    4.0

    嫌いではない、この破天荒さとファンタジックな映像美

    並の映画作家ではなかなかここまでの映像美と破天荒かつ、荒唐無稽な物語は考えつかない。 それだけでも★4以上はある。 なによりかによりコブタちゃん的子役の愛らしいこと!彼女のおかげでこの映画が成立してるといっても過言ではない。 いつかまた、時間をおいてもう一度見たくなる作品。

  • tos********

    3.0

    それらは確か

    左腕を骨折して入院中のアレクサンドリアは5歳の女の子。スタントマンで足を骨折したロイと親しくなり、彼が語る冒険活劇に夢中になる。毎日ロイのところに通ううち、彼女は彼にあることを頼まれる。ロイは生きる希望を失っていたが。  物語は面白そう、子役は名演技、美しい映像、と期待が大きすぎました。それらは確かなんだけど、思ったほど入り込めませんでした。

  • bon********

    3.0

    凝りすぎ

    ヒロインの女の子が凄く可愛くてそれだけでも観る価値がある。 映像は美しく、ストーリーもよくできていてそつがないのだが、何か作り物感が強くて入り込めない。もっとシンプルに作るべきではなかったかと思う。

  • MOON

    3.0

    女の子が可愛くて癒される

    とにかくかわいいちょっとまんまるな女の子。 笑顔を見ているだけで癒される。 ずっと見ていられる。 映像がセンスよくて素敵。 内容はよくわからない。 でも観て損はない、と、個人的には思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


リー・ペイスロイ・ウォーカー/黒山賊
カティンカ・ウンタルーアレクサンドリア
ジャスティン・ワデル看護師エヴリン/エヴリン姫
ダニエル・カルタジローンシンクレア/総督オウディアス
レオ・ビルダーウィン/病院職員
ジュリアン・ブリーチ霊者/オレンジ農園の使用人
マーカス・ウェズリーオッタ・ベンガ/氷配達人
ロビン・スミスルイジ/片足の俳優仲間
ジットゥ・ヴェルマインド人/オレンジ農園の使用人
エミール・ホスティナアレクサンドリアの父/黒山賊

基本情報


タイトル
落下の王国

原題
THE FALL

上映時間

製作国
インド/イギリス/アメリカ

製作年度

公開日