ここから本文です

東南角部屋二階の女 (2008)

監督
池田千尋
  • みたいムービー 190
  • みたログ 633

2.95 / 評価:150件

二貝の女が木にかかる、それが櫻。

アパートの名前は男と女の名前を合わせた物、小料理屋の名前は男二人と女の名前から。そんな細かい所には小器用に気を使ってるが、肝心のストーリーには抑揚が少ない作り。話し方も画面も緩やかに流れる、ところが内容は不動産処分の話で現実には生臭い欲望が表れる場面。なんかアンバランス。

ゆっくり話せば問題が解決する訳でも、情緒が増す訳でもない。穏やかな雰囲気を伝えたい意図は感じられるが。
自分たちの置かれた宿命を背負って生きてきたのか、流されて生きてきたのか、見る方が都合良く見られるように作ってある。逆に言えば、表現は曖昧。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ