ここから本文です

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0 (2008)

監督
押井守
  • みたいムービー 211
  • みたログ 644

2.79 / 評価:287件

解説

押井守監督の名前と才能を全世界に知らしめた、1995年公開のアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を押井監督自ら全カット完全リニューアル。最新デジタル技術を駆使して新作の3DCGカットやデジタルエフェクト処理を加えたほか、名声優の榊原良子が犯罪者の“人形使い”役で参加。全編新規にアフレコした。セリフ、音楽、SEのすべてが再編集され、進化をとげた傑作に期待が高まる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

西暦2029年。高度な情報化社会で凶悪化するコンピューター犯罪やサイバーテロに対抗するため、政府は非公認の超法規特殊部隊公安9課、通称“攻殻機動隊”を組織する。ある日、国際手配中のテロリスト“人形使い”が日本に現われる情報が入り、隊長の草薙素子を筆頭に攻殻機動隊は追跡を開始する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ