レビュー一覧に戻る
ベティの小さな秘密
2008年9月20日公開

ベティの小さな秘密

JE M'APPELLE ELISABETH/CALL ME ELISABETH

902008年9月20日公開

uri********

5.0

心洗われる上質のフランス映画

60年代の美しいフランスの片田舎と、繊細な心を持つ少女の成長を描いた、 心洗われる作品でした。 子供は子供なりに自分の視線で物事を観ているのですね。 両親がいくら平静を装っても、不仲なことにはとっくに気付いているし 「なんでもないの」と言いながらも傷ついているベティのけなげさがいとおしい。 大好きだったお祖父さんお祖母さんを亡くし、母親が出て行き、唯一の頼りだった お姉さんも寮へ入っていなくなってしまいます。 父親は仕事で忙しいし、ひとりぼっちのベティは、自分の世界を創ろうとします。 自分の器の中にあるものを慈しむより、自分自身の生きる価値を 見いだしていくかのようです。 その、不器用ながらも優しい気持ちに心洗われます。 ピュアな風が通り過ぎていったような映画でした。

閲覧数129