ここから本文です

死にぞこないの青 (2007)

監督
安達正軌
  • みたいムービー 68
  • みたログ 188

2.87 / 評価:82件

解説

ホラー界の俊英・乙一が書き下ろした小説を、『ZOO』でも乙一の原作に挑んだ安達正軌が大胆なアプローチで映画化。新任教師にいじめられる小学6年生のマサオを中心に、思いもよらぬ恐怖劇が展開する。主人公マサオを演じるのは『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太。暴力的な教師をテレビドラマ「ROOKIES ルーキーズ」の城田優が演じる。VFXを駆使した映像とアクションシーンの連続で、人間の奥に巣食うダークサイドをえぐり出す怒とうの展開に注目したい。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

気弱な小学6年生・マサオ(須賀健太)は、生き物係を取り決めたことが原因で、新任教師の羽田(城田優)に嫌われてしまう。それ以来、羽田はマサオを攻撃し続け、クラスメイトたちもマサオをいじめるように。そんな中、マサオの前に傷だらけで、片目片耳がつぶれた全身真っ青の不気味な少女・アオ(谷村美月)が現れる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ