ここから本文です

大胆な家族 (2005)

A BOLD FAMILY

監督
チョ・ミョンナム
  • みたいムービー 0
  • みたログ 10

2.33 / 評価:6件

しまった!ブログになっとる!

  • KTX さん
  • 2010年9月27日 19時02分
  • 閲覧数 259
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

一年ぶりに韓国行ってきました!

今回は弟と現地集合、現地解散の3泊4日。
今回のテーマは韓国映画の撮影現場巡り&グルメツアーでした。

南楊州総合撮影所(ナムヤンジュチョンハッチャリョンソ)
では「JSA」や「酔画仙」などのセットをみて興奮!
(ここは本当の撮影所を解放しているので、オフィシャルグッズなどのお土産はないです)
午後は「グエムル」の舞台のハンガンを散歩。(チャムシルあたり)
そして最終日にはたまたま散歩中に「映画は映画だ」のラスト、
インサドンの仏像屋に偶然たどり着きました。
いや~!映画の舞台を満喫できて大興奮!
改めてもう一度作品を見たくなりましたよ^^

グルメツアーでは「ほえる犬は噛まない」や「受取人不明」
に登場した犬鍋(ポシンタン)。
韓国映画でおなじみのチャジャミョンをはじめ、カムジャタン、
スンデグなどなど韓国でしか食べられないものを食べてきました!!

いかん!ブログになっとる^^:

さてさて、本題に戻します。

この映画、医者に死を宣告されたお爺さんの長年の夢(北朝鮮に残した娘と嫁との再会)
をかなえる為に、韓国で作った家族がうそのニュースや新聞を作成し
「南北が統一した!」とお爺さんを騙す家族愛のお話なのだが。。。

登場する俳優人の顔ぶれからザ韓国コメディーの匂いがぷんぷん。。。
予想通りコメディーでした^^が!テーマがテーマだけにすべてお笑いと言う訳では
なく後半はハートフルな展開に。

南北統一、北のスパイ、金剛山、離散家族の再会の申請などネタが韓国独特です。
韓国オタクにはおすすめです。


最後に、南楊州総合撮影所へ行かれる方へ、地球の歩○かたやソ○ルナビ
ではバスとタクシーで1時間50分ぐらいとありますが、地下鉄一番線フェギ駅(123番)
に中央線が乗り入れています。
中央線でウンギルサン駅(新しい駅)まで電車で55分ぐらいでいけますよ~。
あとTマネーカードで行けるので切符いらずです。おすすめ^^

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ