2009年1月31日公開

愛のむきだし

LOVE EXPOSURE

R15+2372009年1月31日公開
愛のむきだし
3.8

/ 2,096

40%
28%
16%
7%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。父の期待に応えようと、懺悔のために毎日罪作りに励むうちに罪作りはエスカレートし、いつしかユウは女性ばかり狙う盗撮魔となっていた。そんなある日、運命の女ヨーコ(満島ひかり)と出会い、生まれて初めて恋に落ちるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(631件)

笑える8.9%切ない7.5%泣ける7.2%不気味7.1%セクシー6.5%

  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    東京都西落合にある更生施設けやき荘という生活保護受給者が入居する施設では女所長を柳澤明美という人物が勤めていてこの人物の悪辣さは度を越えており (自分は事情があり、数か月入居したのだがそこでの待遇があまりにも悪かったのでこうやってネットで告発する事にした) 入居者の女性を馬乗りになり殴りつけ 「この被害をてめーが訴えたとしてもこっちが「いゃー、病人ってのは怖いねぇ、事実と異なる事をさも事実であるかのように吹聴して・・・」と言えば誰もてめーの 発言を信用しない」このような事を声を荒げて口にした後再びその発達障害と思われる女性の横面をはたき 「殺したって こっちは罪に問われない・・・うまく「病人ですからねぇ・・・暴れて押さえつけたら・・・」と言えば誰もこっちの発言を疑わない」 そう言うと固く拳を握りしめて発達障害の女性を殴りつけた。 更に「鬱病患者」ってのは、怖いねぇ「自殺しないんだから」その神経たるや・・・自分だったら 「精神科の敷居を跨いだら」自殺しますよ・・・どういう神経しているんだろう・・・あ、だから 「おかしい」のか・・・「鬱病患者」なんててめーでは「まとも」と思い込んでいるんだろうね・・・こっちからすれば重度と一緒「ガチキチって自覚もない連中」 「こちらからすれば「発達障害」の連中なんて「本物の狂人」社会に出てくるなよって感じ・・・ま、「この事実を自覚していたらまともだわな」健常者って立場の高い者と 同じ空気を吸えるんだからありがたいと思えや」 「就労移行事業所だって・・・笑わせるなよ「発達障害の連中の就労を支援」するだと・・・こいつら人間じゃーねーじゃねーか、そんな支援するから「ガチキチが付けあがる」「ガチキチを付けあがらせようってんだから「就労移行事業所」に勤めている人間なんて「立派な犯罪者」 このような罵詈雑言を常に入居者に対して口にしている。 当時困窮状態でスマホも所有しておらず、映像証拠も音声もないですが事実です。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • ささ

    3.0

    コメディとして割りきれば

    四時間近いが、退屈はしなかった

  • imo********

    1.0

    園子温さんはキリスト教徒

    ここまで、キリスト教を絡めてくる日本映画も珍しい。新約聖書のコリントの信徒への手紙 13章を満島ひかりに暗唱させているくらいである。 園をしきりに評価する宮台真司はキリスト教徒だが(本人は明言している)、彼が友情出演しているし、内容もキリスト教徒でなければここまで踏み込めないものなので、園が何らかのキリスト教徒であることは間違いないとこの映画を見て確信した。それがいいとか悪いとか言っているわけではない。どうも、園の映画はキリスト教への言及や映像表現が多いことから、「この監督は西洋への憧れが強いのかな」と不思議に思っていたが、この映画を見て納得した。 内容は娯楽を装っているようで、宮台も反応していることから、インテリを妙にくすぐるもので、思弁性の強い内容である。つまり園の信仰するキリスト教を「否定神学」的に突き詰めたものである。 キリスト教の「愛」を否定神学的態度で追求したものである。 反キリスト教的映像表現は、強い信仰心の裏返しである。 これは、自分で言うのもおこがましいが、本当にそうではないだろうか? だが、映画としての出来は、私は、全然よくないと思う。 直截的表現、人間心理の安易な図式化。思弁性と先ほど書いたが、それは映画芸術として、思弁をここまで表に出すと下品になるのである。 この映画を映画評論家の町山が高く評価していたが、え?この人はその程度かと思ってしまった。 おそらく町山も宮台と同じくクリスチャンか、キリスト教にシンパシーを感じているのだろう。 私はキリスト教は好きではないので、この映画は好きではないのである。

  • sav********

    3.0

    愛しかない

    信仰どこ行った? 満島ひかりの演技力たるや。 しかし声は聞き取りにくい。 渡部さん、板尾さん、堀部さん、おっさんたちが漏れなくイメージ通りのクズを演じてくれる安定感。 最後に救いがあるのが許せないが、愛ゆえに着地点としてはやむなしか。 イメージワードに クソ長い を追加して欲しい

  • nive2

    1.0

    何コレ?

    クッソつまんなかったです。 園子温監督作品のファンの方々がこの映画の良さを分からない凡人(私)に対して、悦に入って優越感を感じているだろうなー笑笑 面白くないものは面白くないです!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
愛のむきだし

原題
LOVE EXPOSURE

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日