レビュー一覧に戻る
ブタがいた教室
2008年11月1日公開

ブタがいた教室

1092008年11月1日公開

sak********

1.0

友達になった動物を食べたらダメでしょう

人間と心を通わせあい、人と信頼関係を築いてしまった動物は、家畜でなくて「友達」です。もし友達になっちゃったのなら、その信頼を裏切ったらダメでしょう。 自然の中で、捕食のために生き物が生き物を殺すとき、その生き物は、絶対的に「敵」です。信頼関係も愛もゼロ。もちろん友達ではありません。屠殺場の豚にとっても、肉を求める人間たちは敵です。 でもね、異種同士で本来は喰うもの喰われるものでも、人間の飼育下などで信頼関係が生まれたら、食べ合わないんです、動物も。 おまえフツーは喰われる立場だから、他にも食えるものあるけど、すごく仲良しだけど、涙を飲んで食べちゃうねって、そんな滅茶苦茶な話にはならないんですよ。大切に思うなら、食べなくたっていいんです。その命が自分にとって特別なものになったら。 いくら人間が、丹精込めて育てた動物を殺して食べるからといって、仕事として経済動物を大きくおいしく育てることと、 たっぷりの愛を注いで心を通わせ、みんなで1匹の豚を育てることは、全く違います。大根に水をやるのとはわけが違う。その豚、食べる必要ありますか? 食料の無い無人島で、生きるためにやむなく子豚を買うのでもあるまいし。子ども達の純粋な愛まで殺すのですか? 大切なことの本質を見失ってないですか? 話し合いで、家畜から友達になってしまった豚の命を決めるなんて、子ども達にとって残酷ではないですか。食べるという選択肢を途中で取り下げた上で、生き物の命をいただくことを考えることも、大事な命の授業ではないでしょうか。 釣りすぎた魚を、後日食べるために水槽で飼っただけでも、人の姿を覚えて寄ってくる姿に情が湧いて殺せなくなったことがあります。 これが人の愛情を知り、人に慣れた豚だと思うとゾッとします。 ろくすっぽ命について理解していない大人の、押し付けの命の授業。それに巻き込まれた生徒と豚が可愛そうで、さらにこれを美化する事に恐怖すら感じました。 別の意味で、命はそんなに甘くない、 と言いたくなりました。

閲覧数1,322