レビュー一覧に戻る
ブタがいた教室
2008年11月1日公開

ブタがいた教室

1092008年11月1日公開

reef lagoon

1.0

頼りない担任

命を頂く本当の意味を知っていたのは豚肉屋の子供。 担任が思いつきで飼う事を決めて計画はさっぱり出来ていなくて、子供達に全て丸投げして他の先生達にはペコペコ頭を下げて、生徒の前では偉そうで見ていてイライラして来た。 1番命を頂く意味を分かっていなかったのは担任だった。だから子供達を誘導できずにトラブルだらけ。映画が見終わった後味の悪さ。我が家で子供達と見て絶句した。うちでもペット飼っているので「食べれる?えぇ?」と。 養豚場の人だってペットは食べないでしょうに 。半数の食べない派の子供達は親友で有りペットであるPちゃんを失う。心の傷は計り知れないです、食育どころじゃ無くトラウマですよ。  最初から食用の線引きをキチッと引かないからとんでもない駄作になっていて驚きです。こんな担任いたら嫌ですね。 だからといって養豚場で豚に愛情がない訳では無いとも思います。同じように子豚から大切に育てているのだろうから。見学させて頂いてお話を聞かせて貰ったり、体験させて貰う、そっちの方がいいのでは…。 肉屋の子供が言った「食べる事と殺す事は違う、食べる事は命を受け継ぐ事だ」。この子が素晴らしいし、喧嘩越しに怒鳴り合っていた子供達がやっと食べる意味を理解して冷静に意見を述べるようになった場面だった。先生にも大切な話をして欲しかった、何も教えていないのでは? "新米教師"がキーワードにもなっていて、無謀な挑戦で先生も子供達によって成長した物語にも見えるが、それに付き合わされた子供達の図でもあった。とんでもない巻き添えくらってる。

閲覧数1,857