レビュー一覧に戻る
ラブファイト
2008年11月15日公開

ラブファイト

1262008年11月15日公開

週末社長ゆず

5.0

北乃きいのパンチラ回し蹴りは美しい!

イジメられっ子だった林遣都が 偶然助けられたボクサー大沢たかおに弟子入りする。 幼馴染の北乃きいが林遣都をイジメっ子から救う。 大沢たかおは女優と付き合ってた過去。 林遣都が主役かと思えば、 北乃きいがどんどん強くなっていき、 大沢たかおが八百長でボコられる、 主役がどんどん入れ替わり、先の見えない展開。 それぞれはよくあるストーリーだが、 3つの物語がミックスしてるため、 スポ魂、恋愛、幼馴染愛、師弟愛、友情、三角関係、 大人とのドキドキ、勧善懲悪、八百長、金、 展開も早くテンポもよく、 様々なドキドキ要素が入り組んでおりメチャクチャおもろい! これがプロを目指すとか、 試合で勝つとか、チャンピオンとか チープなストーリーになってたら途中で観ることをやめてただろう。 ボクシングを通して最後の最後にようやく 自分の気持ちに気付く青春が眩しい。 なによりキャラがピッタリはまってる。 大沢たかおもボクサーぽい顔だし、 林遣都もいじめられっ子ぽいし、 北乃きいも可愛いけど気が強いキャラがピッタリ! この3人は相当練習したと思われる。 格闘技してる自分から見ても フットワーク、パンチ、キックのキレがよく、 腰や肩が回っていて重く、基礎がしっかりしてる。 特に北乃きいのパンチラ回し蹴りはとても美しい! 初めて北乃きいが可愛いと思った。 残念なのは映像が全体的に暗く、 カメラワークなども古い映画だなと感じるのと、 もっと興奮を煽るアップテンポな音楽を間に挟めばいいのと、 タイトルが安直でダサい。 このタイトルで「見てみたい!」と思わせることは不可能。 「ああ、つまんない映画だろうな」と感じさせてしまう。 タイトルとプロモーション次第で もっと注目を集めてたはず! 俺が10年以上この映画の存在を知らなかったというのは 効果的なプロモーションが出来てなかった証拠! もっとヒットしてもいい映画。 もっと評価されてもいい映画。

閲覧数682