ここから本文です

ザ・プロテクター (2008)

THE SHEPHERD: BORDER PATROL/THE SHEPHERD

監督
アイザック・フロレンティーン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 48

2.75 / 評価:24件

全てが新鮮に見える

ここのところ雰囲気を楽しむような映画を続けて観ていました。

久々に監督名を気にせずレンタルです。

たまらなくアクション映画が観たくなったんだ。


主演ヴァン・クロード=ヴァンダム!
と、でかでかとパッケージに載っている本作。
これがB級映画というものなんでしょうね。

さて、ヴァンダムといえば僕の中で『ハード・ターゲット』(ジョン・ウー監督)という傑作がわるわけなんですが、
しばらく観ない内に老けましたね。
髪も短くなってて「果たして動けるのか?」という不安が脳裏をよぎる。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+




ストーリーは
アメリカ南部の国境警備隊に配属された元殺人課所属の男(ヴァンダム)が、
麻薬密売組織をぶっとばすというもの。



あーくだらねぇよぉーーーー

前半の全てが百番煎じって感じ。
ダイナーで一悶着って…(笑)
無駄にスローモーションでオッサンの顔面アップの連発。
意味深なカットもオチることもない。


でもね、久々にこういうの観るのも悪くない。

映画を観る環境によって感想が変わるとはその通りですね。



後半に入ると少しややこしくなります。
政府の介入やら裏切りetc...

期待のアクションはというと銃撃戦がメイン。
そのクオリティーもひどいもんです。

元特殊部隊の敵が的から全然違うところに撃ってる始末です(笑)


でもヴァンダム映画ですからね。
肉弾戦も少なからずあります。


「銃弾より速い蹴り」はカット割とアングルによって助けられています。
しかし破壊力は抜群。

上から蹴ってるのに相手は上にぶっ飛ぶバカっぷり!
たまんねー




最後に
こんな映画観るのは3ヶ月ぐらいインターバルがいるね。
より一層楽しめる気がする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • パニック
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ