ここから本文です

さくらんぼ 母ときた道 (2007)

CHERRIES/桜桃

監督
チャン・ジャーペイ
  • みたいムービー 123
  • みたログ 83

3.92 / 評価:37件

捨て子でなくても障害がなくても、……

  • 百兵映 さん
  • 2015年5月22日 11時04分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 みていて辛いものがある。捨て子を拾って来て養育する知的障害?の母?の物語。

 ただただ純粋な愛情たっぷりの母子だが、やがて少女の成長する過程で母親の奇行が疎ましくなる。邪魔になる。少女の成長への障害になる。

 純粋な愛情であっても、純粋だから、愛情だから、といって受容できるものではなくなる。この子の場合は、母が居なくなることによって解放される。そして、本人の能力が長けていたために社会に出て活躍することができた。振り返って、養母の本当の愛情に感じ入り、それを拒否した自分を後悔する。

 それなりにハッピーエンドということになる。が、これは数少ない事例だろう。実際には悶々とした人生の方が多いのではないか。ただ、気づいているかそうでないかだけの違いだ。ここまで特殊で深刻ではなくても、親の愛情(と思っている)が、子どもにとっての負担や障害になっていることは多い。子どもが独立する時と親が高齢・終末期を迎える時に決定的に表れる。

 成熟・安定した社会では、親が「子供に迷惑はかけられない」といって子ども・孫との同居を遠慮し、自ら“施設”に引っ込む。それでいいのかどうか分からないけど、実際にはそうにしかならないということも、分かり始めてきた。

 親に知的障害があるかどうかの問題ではない。迷惑な“純粋”・“愛情”。気がつくのが遅いと悶々人生になる。悲劇にもなる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ