2008年10月25日公開

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

1102008年10月25日公開
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
3.5

/ 90

14%
36%
40%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

新しい部下の大輔(山本太郎)ら、鈴木建設営業三課の仲間たちと大分県へ社員旅行に出掛けたハマちゃん(西田敏行)。旅の幹事でもある総務部の派遣社員・波子(常盤貴子)の兄・康平(竹内力)が漁師であると聞きつけたハマちゃんは、早速釣りの手配を頼むが、康平から思いがけない相談を持ちかけられ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(49件)

笑える27.1%楽しい24.8%コミカル15.5%泣ける10.9%かわいい7.0%

  • tos********

    3.0

    浜ちゃん窮す

    健康診断でひっかかった浜ちゃんは、総務部の波子に胃カメラを促される。波子とみち子が付き添い、いやいやながら胃カメラ。そして鈴木建設は、社員旅行で波子の故郷大分へ。営業三課の大輔は、波子が気になってしょうがないのだが。  選挙のため放映が先延ばしだったシリーズ19作目。14年前の作品、まさか山本太郎が政治家で党代表になるとは思いませんでした。そしてあの親子が、サプライズ共演!憎い演出でした。花嫁がきれいです。

  • tub********

    4.0

    釣りバカ日誌晩年の作品

    BS放送で見ました。 ストーリーはありがちなシンデレラストーリー。だけど嫌みがないのはこの作品の強みだね。 高齢になってひがみっぽくなった&釣り船に乗れなくなったすーさんに何だか寂しさを感じたけど、ラストで浜ちゃんとふたり、並んで堤防釣りしているシーンにはほっこりとしました。

  • サンゴ

    3.0

    釣りバカ日誌シリーズ史上最高の結婚披露宴

    釣りバカ日誌も19作目ということで、スーさんはすっかり年をとり、釣りのシーンも少なくなり、二人の丁々発止のやりとりというか痴話喧嘩もなくなり、まあいつも通りの話だし、これはいつも通り★2ぐらいかなあと思っていました。 (★2は別に酷い映画というわけでは決してなく、単に自分の中の評価で、★3はもう一度見たい映画、★2はもう見なくてもいい映画と区切っているので) それが、終盤の結婚披露宴の場面で感動して泣いてしまい、★1個分ランクアップしときました。 釣りバカ日誌シリーズでは毎回のように結婚披露宴が出てくるのですが、とりあえず今まで見た中では、釣りバカ日誌史上最高の結構披露宴かと。 新郎役の山本太郎さんはともかく、新婦役の常盤貴子さんの綺麗なこと。 今回、同僚たちに、「ハマちゃんのスピーチは面白いから!」とか「他の人はどうせつまらないスピーチしかしないから、ハマちゃんで真打ち登場って感じだね!」とか持ち上げられすぎていたので、どうせ失敗するんだろうなとは予想できたけど、まさかその理由が今作の大サプライズ、スーさん役三國連太郎さんの息子さん、佐藤浩市さんだったとは! お二人の不仲は有名だったので、公開当時奇跡の共演と騒がれていたような記憶があります。 そうか、あれはこの作品だったのか。 ハマちゃんとっておきの新郎新婦のなれそめ面白エピソードを用意していたのに、それを全部本間課長役の佐藤浩市さんに先に喋られてしまい、茫然自失となったハマちゃん。 いつもの雄弁ぶりはどこへやら、青い顔でしどろもどろで「大輔さん、波子さん、おめでとうございます、よ、良かった、良かったです・・・」とぼそぼそと喋り立ち尽くすハマちゃんに場内がざわざわしていたところに、新婦の兄役の竹内力さんが突然立ち上がり、叫ぶ。 「浜崎さん、ありがとう! どげなうめえおもしれえ挨拶より、今の挨拶が良かったで!! ありがとう!」 ここで涙腺崩壊しました。 釣りバカ日誌シリーズで最高の披露宴でした。 常盤貴子さんはもともと大変綺麗な女優さんですが、常盤貴子史上でも最高の花嫁姿だったと思うので、常盤貴子さんファンの方はぜひご覧ください。 最後の最後に、スーさんが次期社長を本間課長みたいな全部任せられる奴にしたい、そしたら完全に引退できるのに、などと呟き、それにハマちゃんが「あんなスピーチ泥棒を社長なんかにしたらスズケンなんかやめてやる!」と激怒する場面は笑いました。 長い間不仲だった実の親子のお二人が、こうやって同じ映画で共演できたことは素晴らしいし、それがこんなほのぼのとした楽しい映画で本当に良かったと思います。

  • mas********

    1.0

    何だこれ?

    釣りバカ日誌が壊れていく。 コレの所為もあって20がファイナルと決まったんじゃ無いだろうか? (1)3課のコネ社員の言うことが支離滅裂。3課の社員以上でも以下でも無いと言うのであれば、無名、偽証や海外で知名度無しで人脈使わず勝負してこそ。 大根役者も合間って酷い。 (2)結婚式スピーチのネタが前者と被って焦るのは良いが、結果とフォローが前作18作品と一緒。 (3)ストーリーも2時間という釈を見ても唐突で内容が無かった。 監督が違う?高年齢?ネタ切れ?ちょっとショックな作品でした。

  • kih********

    4.0

    とても楽しい、それだけでいいんじゃない?

    相変わらずとっても楽しいお話です。お正月とかお盆など、ユウ~ックリしたい時にとってもいいシリーズです。今年の正月は『19』です。  このシリーズは全部観ていたつもりでしたが、No19は今回が初めてでした。それでも最初から最後まで楽しく笑わせてもらいました。アレっと思ったのはスーさんに元気がなかったことです。代わって(ということでもないでしょうけど)息子が妙にシャシャリ出てきたことです。  正月用に借りて来たもう一本が『陽はまた昇る』、新年に希望が持てそうな(根拠のない)雰囲気だったのですが、単に真面目な技術系サラリーマンの話でした。その真面目氏がダメ氏・浜ちゃん役と同じ俳優さんでした。昼食前に真面目氏を見て昼食後に浜ちゃんを見ました。  私は、真面目氏に共感しながらも浜ちゃんの方を応援したくなります。これまでのシリーズでは、(実際には有り得ない)悪乗り部分に少々嫌気を感じてもいたのですが、真面目氏の直後に見たこともあってか、浜ちゃんの全部が楽しかったです。―― 釣り“バカ”といいますが、こういう“バカ”には好感が持てます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西田敏行浜崎伝助
三國連太郎鈴木一之助
浅田美代子浜崎みち子
常盤貴子河井波子
竹内力河井康平
山本太郎高田大輔
鶴田忍堀田社長
中村梅雀[2代目]草森秘書課長
中本賢太田八郎
益岡徹舟木課長
笹野高史前原運転手
持丸加賀浜崎鯉太郎
奈良岡朋子鈴木久江
北村総一朗高田靖彦

基本情報


タイトル
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日