ここから本文です

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 (2008)

監督
朝原雄三
  • みたいムービー 29
  • みたログ 324

3.51 / 評価:89件

釣りバカ日誌シリーズ史上最高の結婚披露宴

  • サンゴ さん
  • 2016年8月9日 7時41分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

釣りバカ日誌も19作目ということで、スーさんはすっかり年をとり、釣りのシーンも少なくなり、二人の丁々発止のやりとりというか痴話喧嘩もなくなり、まあいつも通りの話だし、これはいつも通り★2ぐらいかなあと思っていました。
(★2は別に酷い映画というわけでは決してなく、単に自分の中の評価で、★3はもう一度見たい映画、★2はもう見なくてもいい映画と区切っているので)
それが、終盤の結婚披露宴の場面で感動して泣いてしまい、★1個分ランクアップしときました。

釣りバカ日誌シリーズでは毎回のように結婚披露宴が出てくるのですが、とりあえず今まで見た中では、釣りバカ日誌史上最高の結構披露宴かと。
新郎役の山本太郎さんはともかく、新婦役の常盤貴子さんの綺麗なこと。
今回、同僚たちに、「ハマちゃんのスピーチは面白いから!」とか「他の人はどうせつまらないスピーチしかしないから、ハマちゃんで真打ち登場って感じだね!」とか持ち上げられすぎていたので、どうせ失敗するんだろうなとは予想できたけど、まさかその理由が今作の大サプライズ、スーさん役三國連太郎さんの息子さん、佐藤浩市さんだったとは!
お二人の不仲は有名だったので、公開当時奇跡の共演と騒がれていたような記憶があります。
そうか、あれはこの作品だったのか。

ハマちゃんとっておきの新郎新婦のなれそめ面白エピソードを用意していたのに、それを全部本間課長役の佐藤浩市さんに先に喋られてしまい、茫然自失となったハマちゃん。
いつもの雄弁ぶりはどこへやら、青い顔でしどろもどろで「大輔さん、波子さん、おめでとうございます、よ、良かった、良かったです・・・」とぼそぼそと喋り立ち尽くすハマちゃんに場内がざわざわしていたところに、新婦の兄役の竹内力さんが突然立ち上がり、叫ぶ。
「浜崎さん、ありがとう! どげなうめえおもしれえ挨拶より、今の挨拶が良かったで!! ありがとう!」
ここで涙腺崩壊しました。
釣りバカ日誌シリーズで最高の披露宴でした。

常盤貴子さんはもともと大変綺麗な女優さんですが、常盤貴子史上でも最高の花嫁姿だったと思うので、常盤貴子さんファンの方はぜひご覧ください。
最後の最後に、スーさんが次期社長を本間課長みたいな全部任せられる奴にしたい、そしたら完全に引退できるのに、などと呟き、それにハマちゃんが「あんなスピーチ泥棒を社長なんかにしたらスズケンなんかやめてやる!」と激怒する場面は笑いました。
長い間不仲だった実の親子のお二人が、こうやって同じ映画で共演できたことは素晴らしいし、それがこんなほのぼのとした楽しい映画で本当に良かったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ