2009年6月13日公開

ターミネーター4

TERMINATOR SALVATION

1142009年6月13日公開
ターミネーター4
3.4

/ 3,180

18%
31%
33%
12%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)。今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,813件)

勇敢17.7%かっこいい16.7%スペクタクル12.7%恐怖8.0%絶望的7.6%

  • metropolitan

    4.0

    評価程悪いとは

    それなりに面白いと思います。むしろ4より後のターミネーターシリーズの方が酷いですよ。

  • jun********

    3.0

    ネタバレ4ではなく

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    2.0

    ネタバレターミネーターじゃ無い方がよかったのでは

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sat********

    2.0

    終始浅いし安っぽく退屈で早送りで必死で見た

    評判悪いの知った上でハードル下げて視聴 それでもとにかく!つまらない!! まず映像がよくある色抜けたザラザラした感じのやつで、リアリティと緊迫感なくボヤッとしてる上に、「はい、これ作り物のCGですよー」全開のCGだらけで、作中に自分が入り込み、キャラと一緒にターミネーターと戦う世界に没入する感覚ゼロ 加えて冒頭から盛り上がりもなくなんか平坦にダラダラだし、バラバラと画面転換するから流れもよくわからずで、15分くらい我慢するも既につまらなすぎて飽きてくる マーカスいう奴も、同じ年齢髪型の白人だと皆同じに見えるから、最初ジョンだと思って混乱したし、いくら謎の男で後から正体わかる言っても、こいつが誰で何したいのか全くわからんままあちこち逃げても、感情移入もできないしどうでもいいので、全く話に引き込まれない でカイルと絡むと思いきや、別れてポッと出の女と変なラブシーン始まり、「これなんの話?」となる 映像ボヤボヤの演出もダメダメな中、「実はマシンだったガーン!」言われても、「あっそう」でしかない で記憶ないふりして自分達殺しにきたかもしれないのにイケメンだからか逃す馬鹿女と、信じるべきか考えるジョンとか、純粋な厨二なのか?とイライラする で記憶なくしてるのに、俺はマシンだから入れるいう理由も、カイルが最重要わかってるのに今まで放置してたのも、上官がカイル死んでもいいから攻撃しろいうのも、ジョンがたった一人で乗り込んでくるのも、急にシュワちゃん出る理由も、マーカスに記憶復活装置も付けずあっさり寝返られるのも、ターミネーターカイルにあっさり首の後ろ刺され暴走する抜け抜け構造なのもわからんし、誰が主人公?だし でマシンにするのになんで心臓だけ機械じゃないんだ?思ったら、わざわざスカイネットはジョンに移植用に、マーカスに人間の心臓残して置いた?そんなご都合あるかよ.., ヒューマンドラマも別にないし、こんなもん未来テーマの1時間ドラマで十分 つまらなすぎて苦痛なの、中断しながら早送りで必死になんとか見終わったが、ターミネーター1、2と比べダメっていうんじゃなく、1作品としてつまらなすぎる 単に爆破やバトルあって、露骨なCGも気にしない、人間ドラマも不要いうSF大好き男性はこんなものでも素晴らしい言ってるようだが、これに4、5つけて誉められる奴、「どういう基準してるの?」すごいとしか言いようがないわ...

  • しおびしきゅう

    4.0

    運命とは、自分たちでつくるものだ!

    テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞! 2022年8月5日(金)放送分を録画で! オイラが2022年に観た、204本目の映画! 1作目『ターミネーター』(1984)は、未来から送られて来たターミネーターT-800と、人間軍の兵士カイル・リースが、サラ・コナーを巡って戦う話! 『ターミネーター2』(1991)は、『1』の10年後の1994年が舞台で、未来から送られて来たT-800とT-1000が、ジョン・コナーを巡って戦う話! ここまで『審判の日』は1997年8月29日となっている! が、サラ・コナーたちは、スカイネットの元となるものの破壊に成功する?! 『ターミネーター3』(2003)は、『2』の10年後が舞台で、未来から送られて来たT-XとT-850が、ジョン・コナーたちを巡って戦う話! 『2』での活躍で、1997年の審判の日は来なかったが、それは回避された訳ではなく、時期がずれただけであった! そして本作は、審判の日から10年後の2018年が舞台! ジョン・コナーはクリスチャン・ベイルになっている! カイル・リースはまだ10代で、スカイネットに捕まってしまうが、それをジョン・コナーが助けに行く話! そこで活躍するのが、元死刑囚のマーカス・ライト(サム・ワーシントン)! 2003年の死刑執行の日、ヘレナ・ボナム・カーターとのキスと引き換えに、サイバーダイン社の献体同意書にサインをした! 死刑は執行され、2018年に復活したのだった! アーノルド・シュワルツェネッガーは出演していないが、若きシュワちゃん顔のT-800は登場する! 『3』までとは違い、審判の日以降の未来が舞台で、ジョン・コナーたち人類軍と、機械軍の戦争を描く物語で、荒唐無稽さもあるが、むしろ現実的なテイストとなっている! この先、人類軍と機械軍の戦いの行方が気になる所だが、残念ながら本作の続編はもう作られないようだ! 普通に考えれば、人間軍の勝利はあり得ない! だがしかし、この後、機械軍が過去にターミネーターを送って産まれて来なかったことにしようと考える程、ジョン・コナーは機械軍にとっての脅威となる訳で、それがどんな姿なのか、オイラごときには想像がつかない! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ターミネーター4

原題
TERMINATOR SALVATION

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日