ここから本文です

東京残酷警察 (2008)

TOKYO GORE POLICE

監督
西村喜廣
  • みたいムービー 51
  • みたログ 164

2.78 / 評価:115件

大型ポスターがぜひ欲しい

  • najarake さん
  • 2018年11月3日 11時59分
  • 閲覧数 410
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ひとえにヒロインを演じる”しいなえいひ”の魅力が圧倒した、快作。
チープであるという批評もあるが、ヒロインを際立たせるために、わざわざチープな仕上がりを狙ったのではないか、いやいや作品全体の滑稽ですらあるスプラッターでさえ、ヒロインをひきたてるための舞台装置ではなかったか・・・そんなふうにさえ思われる。

ヒロインを演じる”しいなえいひ”は、そんなまるでスベリコントの連続のような中で、凛として姿勢正しく、まるで歌舞伎の見栄の所作でもあるかのように、手抜きない緊張感を魅せてくれる。
「お姉チャンバラ」のヒロインを演じる乙黒えりも魅力的ではありますが、刀を持って歩くしぐさや、立ち止まった際の膝の角度など、これらの女性剣士モノのヒロインを演じるには、やや緩さがあり、ここは”しいなえいひ”に軍配を上げざるをえないでしょう。

そして、やはり観終わった後も耳の、頭の中で響くあのテーマソング。ヒロインの素敵な登場と併せて、ワクワクとさせてくれます。

2013年のあの船酔い作品「武器人間」でも、よく似たキャラクターが多数登場しますが、きっとこの作品の影響を受けたのではないでしょうか。
園子温監督の「地獄でなぜ悪い」は、あきらかにこの作品の派生形で、二階堂ふみというヒロインを生み出したように思います。

国の温めの「クールジャパン」ではとても取り上げられないけれど、世界のアート界に大きな影響を与えた、本当のクールジャパン作品だったのではないでしょうか。
公開からすでに10年をすぎて、なおこの衝撃。

作品終了後のテロップがこれほど楽しい作品も珍しいのでは。
一般受けは全くしないでしょう、なにせ「ゴア」作品なんだから。

続編を匂わすテロップも最後にありますが、”しいなえいひ”越えのクールな女優がみつからないのか・・・発掘が楽しみでもあります。

お勧めして、怒りをかってはいけません。一人でお楽しみください。
ああ、でもあのポスター・・・でっかいの、欲しいなあ、欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ