ここから本文です

春琴抄 (2008)

監督
金田敬
  • みたいムービー 65
  • みたログ 116

3.82 / 評価:55件

解説

目の不自由な美しい娘と、彼女に献身的に仕える使用人との究極の純愛を描いた文芸ドラマ。これまで何度も映画化されてきた文豪・谷崎潤一郎の同名小説を、『青いうた のど自慢 青春編』の金田敬監督が美しい映像で現代によみがえらせた。女主人を襲った悲劇に悩み苦しむ佐助を、テレビドラマ「オトコマエ!」の斎藤工が熱演。春琴に『少林老女』の長澤奈央がふんするほか、テレビドラマ「ケータイ捜査官7」の松田悟志など、注目の若手俳優が顔をそろえる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

明治初期の大阪、薬種商の娘で音曲の師匠をしている目の不自由な春琴(長澤奈央)に、奉公人の佐助(斎藤工)は献身的に仕えていた。ある日、春琴の美ぼうを目当てに弟子入りした利太郎(松田悟志)が彼女を口説くが、春琴は袖にしたあげくけいこの仕置きでケガをさせてしまう。そして数日後、何者かが春琴の顔に熱湯を浴びせ、大きなやけどを負わせる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ