ここから本文です

青い鳥 (2008)

監督
中西健二
  • みたいムービー 437
  • みたログ 974

4.18 / 評価:399件

いじめをテーマとした映画として非常によい

  • aqu***** さん
  • 2016年10月26日 23時29分
  • 閲覧数 2026
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

台詞が少なく、間が多い映画である。
しかし、その台詞には深みがある。
また、ストーリーの背景も語られることが少ないが(例えば、いじめられていた生徒と阿部寛が集合写真で一緒に写っているところ、放課後に屋上から阿部寛が外を眺めることが多い、など)いろいろと想像できる作品になっている。
阿部寛が吃音のある教師を演じているところも、昔いじめを受けていたのだろうか、と考えさせられたりする。
「本気で言ったことには、本気で答えないといけない」
「罰ではなく責任だ」
「教師は生徒に寄り添ってやることしかできないかもしれない」
などの言葉もとても深く刺さる。
全体を通して、過剰な演出もなく、とてもしっかりと制作された作品になっていました。
お勧めしたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ