レビュー一覧に戻る
セラフィム・フォールズ

いやよセブン

3.0

ロードムービー調西部劇

一人の男(ピアース・ブロスナン)に集団で襲いかかるが、この男、ただ者ではなく、逃げながら敵を一人ずつ殺していく。 リーダー(リーアム・ニーソン)がカネで雇った集団だが、リーダーには有無を言わせぬ力があるようだ。 この二人の善悪が判然としないまま物語は進み、終盤に明らかにされるがそのあとがグダグダの展開となる。 ハリウッドはこのテーマが苦手らしい。

閲覧数1,025