ここから本文です

デス・レース (2008)

DEATH RACE

監督
ポール・W・S・アンダーソン
  • みたいムービー 227
  • みたログ 2,027

3.63 / 評価:840件

TVゲームを映画にしたような痛快娯楽大作

  • hoshi595 さん
  • 2018年8月26日 4時03分
  • 閲覧数 760
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

あの”マリオカート”を残酷にして映画化したら、こんな作品になるのではといった内容。細かいところに目をつむれば、娯楽アクションとして一気に楽しめる出来だ。

主演は、「トランスポーター」シリーズで知られるジェイソン・ステイサム。車の運転はお手の物だ。共演は「フェイス/オフ」でジョン・トラヴォルタやニコラス・ケイジと共演したジョアン・アレン。「エンド・オブ・ウォッチ」でジェイク・ギレンホールと共演したナタリー・マルティネス。それに、「キル・ビル」シリーズのデヴィッド・キャラダインも出ている。

この映画の中心はズバリ、カーアクションだ。それもルールなしの何でもありの死のレースという想定で、物語は付録にすぎない。

そう言えば、似たシーンは、メル・ギブソン主演の「マッド・マックス」シリーズに出てくるが、本作品は一応レースという形を取っているので、プロレスを鑑賞している状態に近い興奮が味わえる。

いろいろ趣向を凝らしているので、見てのお楽しみとなるが、むさ苦しい男の世界が中心なので、ヒロイン役とも言うべき、ナタリー・マルティネスが一層輝いて見える。

元ネタは1975年制作の「デスレース2000」で、「バイオハザード」のポール・W.S.アンダーソン監督が過激にリメイクしたとあって、見応え十分である。

最後に、これは映画なので、”決して真似をしないように”と警告しているのが、いかにもアメリカ映画らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ