レビュー一覧に戻る
ワイルド・ブロウ

ワイルド・ブロウ

ILLEGAL TENDER

107

kak********

2.0

母と息子が執拗に命を狙われる本当の理由!

1985年ニューヨークのブロンクスが舞台。 主役は、「コーチ・カーター」でサミュエル・L・ジャクソンと 共演したリック・ゴンザレスになっているが、真の主役は クリント・イーストウッドが監督兼主役の「ブラッド・ワーク」 に出演し、本作品では母親役を務めたワンダ・デ・ジーザスである。 と言っても、普通の母と息子の関係ではなく、なぜか母親は経済的 に余裕があるのに何かに脅えている様子なのだ。 人が人を憎む時、人が人を許せない時とは? アクション映画の体裁の中に潜む人間ドラマが展開する。 共演は、米TVシリーズ『HEROES』(ヒーローズ)で、 マヤ・ヘレナ役を好演のダニア・ラミレスが、恋人役として 登場するが、可愛さだけで印象が薄い。 結局、アクション満載を期待すると裏切られるが、部分的には 面白い場面も多く、B級作品として割り切れば楽しめる。 脇役では、チョコ役のテコ・カルデロンが不思議な味を出している のだが、DVDの特典映像を見てびっくり。なぜかは観賞後に 確かめて下さい。

閲覧数346