ここから本文です

ピザ男の異常な愛情 (2008)

OTIS

監督
トニー・クランツ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 58

2.60 / 評価:20件

かなりブラック

  • moc******** さん
  • 2011年3月10日 11時34分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ピザ配達人のオーティスは少女を監禁、拷問して殺す殺人鬼だった。新たな犠牲者に選ばれた少女ライリーは何とか脱出するが、レイプされたと勘違いした彼女の家族が復讐に乗り出す・・・というストーリー。
パッケージで「ショーン・オブ・ザ・デッド」を引き合いに出してますが笑いの質は大分違います。何となくトロマっぽい感じです。
前半はユルーイのりでそれほど笑える所やグロシーンやハラハラする展開はありませんが、後半のブラック過ぎる展開は中々楽しめました。
ママのハジけっぷりが面白かったですね。ノリノリなママと弟とノレないパパの掛け合いも楽しめました。
中盤のライリー脱出シーンは結構ハラハラしました。
オーティスを演じた人は初主演だそうですがイイ感じの気持ち悪さを出していました。兄貴には逆らえない所は可笑しさと哀愁を感じました。
オーティスの気の毒な兄貴もギャーギャー文句言う割には彼の様子をまめに見に来てましたね。
FBI捜査官ホッチキスも最初はイラつくキャラでしたが最後の「無かった事」はナイスでした。絶対やっちゃいけない事だけど(笑)
「悪魔の毒々パーティ」のジャレッド・クスニッツ演じる弟も中々ハジけてます。
ラストの呆気無さにはかなり笑ってしまいました。でも、ここまでブラックにしたなら特典のもう一つのエンディングの方がいい感じもしますが。
コメディタッチでここまでエゲツなくて後味の悪い展開は中々無いですね。後半は結構笑えました。前半をもう少し短くして家族のリベンジ部分をもっと長くして欲しかったですね。
好き嫌いかなり別れる作品ですが、特典も充実してて個人的には中々楽しめました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ