ここから本文です

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン (2008)

監督
金田治
  • みたいムービー 139
  • みたログ 610

2.68 / 評価:410件

さらば仮面ライダー電王

  • hir******** さん
  • 2012年5月11日 1時04分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずっと見よう見ようと思って結局見ていなかったこの「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」を見ました。平成ライダーのなかでも根強い人気を誇り、今でも人気が衰えていない平成ライダー8作目「仮面ライダー電王」の映画化3作目です。
今作は電王の主役が佐藤健から桜田通に変わった作品でこの後の作品でもNEW電王として桜田通が登場するようになりました。
内容は幽霊列車が現れるようになりその幽霊列車に乗っているイマジンに良太郎(佐藤健)が拐われてその良太郎を助けにモモタロス、ウラタロスなどのいつもの4人とそして未来からきたという良太郎の孫の幸太郎/NEW電王(桜田通)とテディが活躍する作品となります。

感想としては、非常に面白かったです。
まずNEW電王カッコイイ。技はべつに普通だけれどもフォルムが初代の電王よりめちゃくちゃかっこいい。
内容はいつものコメディをしながらそのまま時代劇に突入といった感じです。
またそのテンポの良さもありましたがメインのストーリーが良太郎の孫の幸太郎の成長物語と大筋としてあったの非常に見やすかったです。俺は最強だ!と思い込んでいた幸太郎が敵に倒され、また聞いたことしかなかったおじいさんである良太郎やまたその周りのイマジンたちと触れ合うことで強さというものを知るという。まぁすこし盛りましたが本当に見やすく、わかりやすく、またアクションもしっかりしていて面白かったです。

評価としては☆5中☆3,5です。
おもしろかったですけどアクションももっと頑張れたかなぁと思いますしね。
ただ電王ファンは満足できる作品だと思います。佐藤健ファンはそうでもないかも。
以上です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ