ここから本文です

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン (2008)

監督
金田治
  • みたいムービー 140
  • みたログ 610

2.68 / 評価:410件

解説

テレビ放送終了後も根強い人気を集める特撮ドラマ「仮面ライダー電王」の映画版第3弾。仮面ライダー・良太郎らオリジナルメンバーが勢ぞろいするほか、良太郎の孫である幸太郎が新電王として参戦し、生と死の時間を入れ替えようとたくらむ謎の男の野望に立ち向かう。良太郎役の佐藤健らテレビ版からのキャスト陣をはじめ、『アクエリアンエイジ 劇場版』の桜田通、神田沙也加、松村雄基ら多彩な顔ぶれが人気シリーズの最終章を盛り上げる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ちまたでうわさの幽霊列車の秘密を探っていたモモタロス(関俊彦)たちの前に、謎の仮面ライダー幽汽が立ちはだかる。幽汽に変身しているのは何と良太郎(佐藤健)で、彼を誘拐した謎の男に操られていた。新しい電王を名乗り、未来からやってきた良太郎の孫・幸太郎(桜田通)とともに、モモタロスたちは列車を追って300年前の世界へと向かう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ