ここから本文です

ルパンの消息 (2008)

監督
水谷俊之
  • みたいムービー 39
  • みたログ 189

3.79 / 評価:70件

チャーシュー麺

  • hide さん
  • 2018年5月29日 1時58分
  • 閲覧数 580
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

刑事訴訟法255条のネタ振り(この時点では詳細を不明にしている)で犯人は予測できるが、動機に民法の損害賠償請求権が絡んでくる下りは思わず唸ってしまった。
点と点がラストに線となるラストは見事であった。

時効まで、あと25時間というところで自殺が殺人容疑に切り替わる。
タイムリミットが決められた映画は多いが、どれも緊迫感を増し画面に引き込ませる。
その娯楽性に加えて、たった一日で色々なキーワードから矛盾や発見をしていく刑事達の過程は存分に楽しめる。
そして、三億円事件と絡めたのも、これはロマンとして許容範囲であると思う。
ルパン作戦のネーミング、峰というグラマーな女性を登場させるのも一興であり、私は肯定的に見ました。

それから、儚い人生が明らかになっていく中で、チャーシュー麺のエピソードは心が救われた気がしました。

それにしても横山秀夫の作品は、上川隆也がやっぱり一番似合う役者であると再確認させられました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ