ここから本文です

アイズ (2008)

THE EYE

監督
ダヴィド・モロー
ザヴィエ・パリュ
  • みたいムービー 153
  • みたログ 677

3.22 / 評価:231件

悲しき宿命を描いたスリラー

  • moe***** さん
  • 2008年11月7日 21時32分
  • 閲覧数 703
  • 役立ち度 38
    • 総合評価
    • ★★★★★

盲目のバイオリニスト、シドニー(ジェシカ・アルバ)は姉の勧めで角膜移植手術を受ける。視力が徐々に回復するにつれて、シドニーには本来見えないものが見えてくる。真相を探るうちに、シドニーは自分に角膜を提供した女性の驚くべき過去があったことを知る・・・・・。

オリジナルになった作品は知りません。この作品だけの評価になりますが、中々面白いスリラー映画だったと思います。どことなく『シックス・センス』にも似た感じがしました。ホラー映画と呼んでもいいかと思いますが、この映画はほとんど残虐なシーンは登場しません。そちらを期待される方には向かないかもしれません。ただ、突然霊のようなものが飛び出したりしたり、後ろから何かが襲いかかろうとしたりと恐怖感はかなりあると思います。結構ドキドキしました。

自分にしかないある特殊な能力を持ってしまった女性。角膜移植からその能力を受け継いでしまったシドニー。その特殊な能力はいったい何をシドニーにさせたいのか?人には無い特殊な能力を持ったが故に周りの人間に苛まれてしまった女性が本当にしたかったこととは何か?その答えが分かるクライマックスのシーンは少し切なくなってしまいました。ある意味悲しい宿命を描いたスリラーと言えると思います。

主演のジェシカ・アルバは新境地を開いたように思えます。今回の役は心理的描写が多いので、かなり演技は難しかったと思います。とても良く演じていたと言えると思います。『シックス・センス』ほどの上質のスリラーではありませんが、悪い作品では無いと思います。あまり怖がりの人には勧められませんが、ドキドキ・ハラハラが嫌いじゃない人は楽しめる作品だと思います。ジェシカ・ファンは見逃してはいけません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ