ここから本文です

ボーダー (2008)

RIGHTEOUS KILL

監督
ジョン・アヴネット
  • みたいムービー 183
  • みたログ 1,050

3.15 / 評価:364件

大物のW主演、大事なのはバランスと配慮?

  • yutaku さん
  • 2016年8月30日 21時37分
  • 閲覧数 1800
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

刑事ドラマのバディもの。デニーロとパチーノの2人の所轄する地域で次々と悪人たちが殺されていく。一体、犯人は誰だ? というのが見どころです。脚本はいろんな可能性を示唆して視聴者を揺さぶってきますが、これがあまり上手くない。前半でデニーロに脚光を当てすぎるのがよくありません。大物2人のW主演なので、後半はパチーノに脚光が当たることが想像できてしまいます。そんな視聴者の思惑を見事に裏切ってくれればいいのですが、さすがに大物2人の威光は強いです。片方だけに脚光を当て続けるなんて、やっぱりできません。大事なのはバランス。そんな脚本的な配慮が、最後に露呈して終わります。見終わったときには、誰でも「ああ、バランスと配慮の映画だったんだ」と思うはずです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ