レビュー一覧に戻る
THE CODE/暗号
2009年5月9日公開無料配信

THE CODE/暗号

1242009年5月9日公開

cha********

4.0

日本探偵協会推薦映画!

なんだ、そんなかっこいい協会あるなんて知らなかった。すげえ入りたい…。 インターネットシネマなるこの「探偵事務所5」は全く知りませんが、 予告編を見てずっと気になっていた映画でした。 だって、今さら(失礼!)宍戸錠や松方弘樹ですよ、興味津々。 オープニングからなかなかかっこいいです。 次々と難解な暗号を解読していくコードネーム507。 「これは第二次大戦でドイツ軍がつかっていた暗号で…」 「これはエニグマで、それは音階暗号が使ってあって…」 「サイファーデスクを使う、持ってきてくれ!」 などなど。意味は全然わかんないけどかっこいい。う~ん、ワクワクする。 そして、探偵七つ道具(ニューバージョンらしい)、これがまた最高。 ひとつ欲しいです、映画館のグッズコーナー探したけどなかったです、残念残念。 音楽も風景も映画の雰囲気にピッタリ、ちょっとレトロでちょっとダークな感じがいい。 出演陣も良かったです。 主人公で暗号解読のプロ、507を演じているのは尾上菊之助。 物静かな感じがいいです。 ヒロイン美蘭は稲森いずみ。あまり演じたことなさそうなちょっと影のある美女、とてもきれいでした。 しかしなんといっても、今さらの宍戸錠と松方弘樹でしょう。 二人ともこの映画ではまさかのガンアクション担当。しかも超速撃ち(笑) 松方弘樹なんて「ウォンテッド」の殺し屋みたいなアクション。 思わず笑ってしまいます、かっこいいけど。 そして宍戸錠は松方を慕う探偵社のトップ。 銃をクルクルッとまわしてベルトにしまうガンアクションもバッチリ決めてます。 しかも一本指でお約束の「あれ」もやってくれました。(笑ったの俺だけだった。ショック) こうやって書くと文句なしな感じなんですが、☆×5とはいかないんですよね~。 理由は中途半端に笑いをとるシーンの数々と、ラストの展開のしつこさ。 ちょっとしつこすぎ、あそこまでやらなくてもいいですね、もったいない。 でも全体的には期待どおりの作品でした。 やっぱり探偵物は面白い! 余談ですがパンフレット、まさかのハードカバーで1,000円、高い! 日本探偵協会の情報欲しさに買いましたが、情報なし。 でも日本探偵映画史は参考になりました。

閲覧数298