ここから本文です

東京NEO魔悲夜 (2008)

監督
金丸雄一
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

4.00 / 評価:3件

峰岸徹の遺作?

  • hit***** さん
  • 2009年2月28日 14時37分
  • 閲覧数 497
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

海辺の施設で育った少年が、歌舞伎町で自分を通す生きざまを貫く物語。
筋の通った男の生き方はかっこいいです。

でも、何よりこの映画でインパクトがあったのは、故・峰岸徹さんの役所。
主人公が憧れる孤高の漁師で、いきなり海の中から現れます。
観ながら「こ、こんなご高齢の方に、なんて過酷な撮影を……」って思うほどでした。
死ぬまで役者としての無理を貫いた、峰岸さんがかっこいいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ