ここから本文です

空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS― (2008)

監督
手塚昌明
  • みたいムービー 61
  • みたログ 205

2.79 / 評価:124件

厳しいですが主演が力量不足

  • ame***** さん
  • 2015年2月21日 21時26分
  • 閲覧数 833
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

主演の高山郁子の父が殉職自衛官であることから本人は相当の意気込みで出演したのでしょうが残念ながら力量不足です。それが、映画を落としてしまっていますね。その他の配役は素晴らしいと思います。それだけに、主役は残念でした。

航空ファンや自衛隊ファンの視点ではお宝映像満点ですね。ヘリのパイロットの腕は素晴らしいです。車輪幅ぎりぎりの防波堤に着陸するシーンは圧巻です。アメリカ大統領専用ヘリのマリーンワンのパイロット並みの技術だと思います。

ストーリー展開はかったるくて途中で見るのをやめようと思いましたが、最後のシーンは手に汗握るスリルと感動を得ることが出来ました。

あと一歩でヒット作になったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ