ここから本文です

最後に恋に勝つルール (2005)

A LOT LIKE LOVE

監督
ナイジェル・コール
  • みたいムービー 39
  • みたログ 376

3.23 / 評価:90件

過小評価されている!邦題も酷い

  • Southern Star さん
  • 2018年10月24日 17時47分
  • 閲覧数 394
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アシュトン・カッチャーの映画はハズレがない。
あんなにハンサムなのにオドオドしたモテナイ君が自然に演じられる。

日本劇場未公開らしいがもったいない。
惹かれ合う二人がそれぞれの暮らしや夢のために中々結ばれない軌跡を描いた物語だ。

この映画テイストはポップだが、実は物凄く深い味わいがある内容だ。
人生の指針となる重要な選択を迫られることの多い10代・20代・30代には響くはずだ。
特に平坦な道を行かず夢を追いかけた経験のある人、大好きな人に捨てられた経験のある人、大きな挑戦をし挫折をした経験のある人には重なる部分があるのではないだろうか。

オリヴァーは最初10年後までの人生設計を立てて実際動き挑戦し、成功するかに見えたが残念ながら失敗に終わった。
エミリーも自由奔放だった女の子から仕事や恋人様々な問題悩み、迷いながら大人の女性へと変わっていった。

一方が好調だと一方が下がる。まるでシーソーのように7年間すれ違い続けた二人がお互いに歩み寄り結ばれる。
大きな回り道をしてそれぞれが人生に自分なりの答えを出し納得し、それでも最後に残ったもの・最後に求めたもの。

作風はポップながらにリアリティーがある。
人生はなかなか上手くいかない。でも弱った時に寄り添ってくれる誰かが居るだけでまた明日から生きて行ける。

裸で抱き合いキスをするポートレート。
撮った時はポップなシーンであったが出来上がった写真は実に神秘的で芸術的。
フザケているようでその真心は澄んで美しい。
まさにこの映画を表しているかのようだ。

観終わった後とても清々しく二人を祝福したくなる映画。
きっと二人はこの後も幸せに最高の恋人として親友として上手くやっていける。
そこまで信じさせてくれる素敵な映画だ。


星4.5だが評価上げの為星5とする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ