ここから本文です

ラ・ボエーム (2008)

LA BOHEME

監督
ロバート・ドーンヘルム
  • みたいムービー 78
  • みたログ 84

3.42 / 評価:19件

ヴィリャソンの大アップは・・・

  • trochan33 さん
  • 2010年1月29日 19時19分
  • 閲覧数 511
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヴィリャソンは舞台で聴くには最高のテノールの一人だが、大スクリーンで大アップになるとちょっと引いてしまう(別に不細工とは思わないが、あまりにも個性的な容貌なので)。マルチェッロやショナールは吹き替えを使っていたのだから、ロドルフォも吹き替えでよかったのではないか? 映画にする以上は、オペラでは絶対にできない演出などを期待したが、その望みは叶えられなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ