ここから本文です

グラン・トリノ (2008)

GRAN TORINO

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 3,539
  • みたログ 1.2万

4.36 / 評価:5413件

インパクトある映画だが

  • matsutaro99 さん
  • 2021年6月10日 5時33分
  • 閲覧数 768
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初のシーンでイーストウッド演じる意地悪親父ぶりが凄くて流石に引いてしまい、配信では途中で止めて長期間見ていなかったのですが、最後まで見るとやはり前半が伏線となって凄い凄い。この映画はネタバレなしのレビュー書けません。
1)まずはは気が強いお姉さん。とても素敵です、でもあんな事になってしまいます。イーストウッドの殴り込み原因なのでしょうか?(殴り込みをかけなかったらあの事件は起きなかったのか) 結局同じ事なのか、悪い奴らが逮捕されてもお姉さんの心の傷が癒えるわけではないのでとても気になってしまいます。
2)次に弟はYuaとデートできたのだろうか?きっと出来たのだと思いますが、なんかそうすると弟とお姉さんの運命のアンバランスが気になる。
3)最後に本当に悪い奴らは長期の刑期になるのだろうか?気になったのは爺さんの方が何度も何度も銃を向けて先に脅していた事。ギャングは爺さんにホールドアップをかけていないです。最後銃を持たずに行ったと言ってましたが、暗闇で本当に銃を持っていないのかわからない中で過去の行為から正当防衛だみたいな弁護が通じてしまったらやだなぁと。何故なら実際にあのシーンではてっきりイーストウッドの方が強力な武器か爆弾か何かで悪い奴らを全員吹っ飛ばすと思ってみてたので、なおさら彼らは実際そう思って自衛のために発砲したと言い張るだろうなと。
いや、つまらないことを書いてしまいましたが、(アジア差別は除き)ズシーンと心に響くいい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ