ここから本文です

マダガスカル2 (2008)

MADAGASCAR: ESCAPE 2 AFRICA

監督
エリック・ダーネル
トム・マクグラス
  • みたいムービー 141
  • みたログ 830

3.79 / 評価:286件

アメリカの良い部分が全面に出たアニメ

  • meravoroku さん
  • 2009年4月10日 0時52分
  • 閲覧数 159
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウォーリーもそうだったけど、動物の愛嬌たっぷりで抱きしめたくなるような愛くるしい表情をつくることにかけては、日本よりアメリカの方が勝ってる。と思った。アメリカ人の表情の豊かな国民性がアニメにも反映されているみたい。

ストーリーは「ザ・普通」だったけど、声優、セリフ、ギャグ、キャラクター、演出、歌、動き、表情、などは、さすがアメリカンエンターテイメント。脚本が、いまいち可もなく不可もなくな感じだったから誰かと思ったら、トロピックサンダーと同じ人と知って納得。ベン・スティラーと仲良しなんだろか。

ブラックユーモアみたいなのがあるかと期待してたらそうでもなく、これぞ、小さい子供と行ったら親子で楽しめるお手本アニメという感じ。シンプソンズとかサウスパークとか、その他もろもろブラック&下品すぎて子供には見せたくない作品が多い昨今、こういうアニメがあるとほっとします。変にいかにもキリスト教的な教訓とかも入ってないところもいい。父子の会話とかノリは、ザ・アメリカ過ぎて日本人としてはちょっと違和感もありますけど、それもよし。

友情や恋愛関連は、大人でも、というかむしろ大人だからこそ感動する良いセリフがありました。自分はキリンがカバに言ったセリフで涙が・・・。日本人にはあまりない発想の言葉です。子供にはこういう作品を見て素敵な大人になって欲しいですね。

自分はベン・スティラーの声が聞きたくて見たようなものなので字幕以外ありえませんでしたが、他の方のレビューに日本人の芸人の声優がすごく良いって書いてあったので、自宅で見るときは吹き替え版で見るつもり。でも字幕版を見て思ったことは、英語の言い回しなり言い方なり、アメリカ的な「ま」で面白くなってるところがいっぱいなので、少しでも英語がわかる人は字幕版を見た方がいい。逆に英語が全くわからない人が字幕を追っているだけだと、楽しさ半減。だったら吹き替え版で日本人ならではの言い方や「ま」で楽しんだ方が正解です。

中盤、退屈さを感じたものの、最後のあまりのノリノリさ加減に見終わって元気が出た。ただ、ものすごい面白いわけでは全くないので、見に行くならサービスデイ。それならば元気をもらって金を無駄にした感もなし♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ