あいつはママのボーイフレンド
3.2

/ 55

11%
22%
51%
11%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(30件)

楽しい19.3%笑える18.3%コミカル15.6%かわいい13.8%かっこいい10.1%

  • oce********

    1.0

    適当な作りなんだよね

    未公開になったことも納得できる適当なつくりのコメディ作品。 母が一人で育てた子供。 大人になりFBIに勤めるのだが、母と関係を持つ男が。 実はその男はFBIの指名犯罪者だった。 適当というのは後だしじゃんけんが多いからだ。 例えば冒頭主役のメグ・ライアンが特殊メイクで100キロ近くに太っている。 しかし10分もすれば本来の姿になる。 一体何の意味で太らせたのか。 さらに相手役のアントニオ・バンデラスも強盗犯で出てくるが、終盤とってつけたかのように役柄を変える。 製作側の都合で展開が決められたような物語を楽しめるとは言い難い。

  • ky7********

    4.0

    ネタバレアメリカっぽいFBIモノ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • phantom=soul7

    3.0

    コリンとバンデラスの今後の展望。

    ・FBIの息子が任務で一年間家を空けている間に、母親はビッグママ→スレンダーマミーに変身!  いままでの分を取り返すかのように恋愛ライフを満喫していた。  そして、母親マーティの恋人が美術窃盗団であることを知ってしまう。  息子ヘンリーの捜査網が展開されていくが、常識人皆無の捜査員たちとの捜査に頭を抱えるのだった。 ・意外にもコリン・ハンクスが一番いい味を出していたように思う。一番地味だったけど。  メグ・ライアンは年齢よりは若く見えるけど、やはりイケイケキャラをやるには少々無理が出てきている。明らかに違和感/無理しているように感じた。 ・アントニオ・バンデラスはコメディでも今後やっていけそうな可能性を感じさせてくれた。  最近ではメジャー作品からは遠ざかっているが、この路線で新境地を開拓してもらいたい。そして、ほかのコメディ映画ではどうなるか見てみたい。 ・コメディではあったが、アクションシーンがわりとしっかり作られていたので、きちんと見れる作品だった。  しかし、笑いについては「何度もクドいよ」と思ってしまうシーンも少なからずあった。  作品自体が短いのでギリギリだったが長くて何度もやられたら、冷めていたと思う。 ・コリンとコメディ/バンデラスに期待させてくれる作品であった。

  • jun********

    5.0

    タイトルの割に、面白い

    こんなタイトルだから、軽いラブコメかと思ったけど、意外と展開も面白かった。 FBI 捜査官の息子が母親の新しい恋人が泥棒と知り、母親達の恋愛事情を一部始終、盗聴しないといけなくなって…っていうお話。 メグライアンやっぱキュートだわ♪

  • ywm********

    3.0

    おばちゃんのメグ・ライアン

    <あらすじ> FBI捜査官のヘンリーは3年ぶりに帰郷して驚愕。母親のマーティがすっかりスリムで陽気に大変身、男たちにモテモテになっていた!マーティは偶然出会ったトミーというハンサムな男と惹かれあうが、ヘンリーは指名手配窃盗犯の写真にトミーを発見してしまう。 <見た感想> 決してつまらない映画ではないが、おばちゃんのメグ・ライアンに対して、きれいだの美しいだの、賛辞する展開に反吐が出る。 もういい歳したおばちゃんなんだから、もっと違う路線はないんかい?。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
あいつはママのボーイフレンド

原題
MY MOM'S NEW BOYFRIEND

上映時間

製作国
ドイツ/アメリカ

製作年度

公開日
-