2009年5月15日公開

天使と悪魔

ANGELS & DEMONS

1382009年5月15日公開
天使と悪魔
3.5

/ 2,966

15%
36%
36%
9%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、バチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,210件)

知的18.9%スペクタクル13.7%勇敢10.1%パニック8.3%不気味7.8%

  • beautiful_japan_

    3.0

    ネタバレトム・ハンクスの熱演だけが印象的

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    もちろん神の御意志だ!

    NHKBSプレミアムで鑑賞! 2022年3月28日(月)放送分を録画で! オイラが2022年に観た、90本目の映画! 10億人のカトリック教徒の頂点である教皇が亡くなった! 9日間の喪に服した後、次の教皇を決める会議、コンクラーベが行われる! そんな説明から始まったこの映画! と思ったら、いきなり画面は加速器になり、反物質が生成される様が描かれる! カトリック教のコンクラーベと反物質?! どう関係して来るの? と思っていたら、すぐに結びついた! 何者かが、コンクラーベに参加する有力枢機卿4人を誘拐し、反物質を盗み、8時、9時、10時、11時に枢機卿を一人ずつ殺し、12時には反物質を爆破させるというのだ! コンクラーベの邪魔をして、バチカンを消滅するのが目的ならば、すぐに実行してしまえばいい筈だが、1時間おきにやると言うのは、何か他の目的があるのか? そう、主人公のラングドン教授(トム・ハンクス)の謎解きを楽しむ為! いや、イルミナティのカトリック教会に対する報復らしい! ラングドン教授らは、4人の枢機卿と、反物質の入った容器を探す為、イルミナティの残した暗号を辿り、縦に横に、教会を移動するのであった! この謎解きと、4人の枢機卿の公開処刑、1時間ずつのタイムリミットが、スピーディで面白い! オイラは、横溝正史の、金田一耕助シリーズを連想した! 何かの暗号らしきものを手掛かりに、連続殺人が行われるのを、推理して、阻止しようとするのだが、いつも犯人に先を越され、結局被害者はみんな殺されてしまう! その後にようやく謎を解いて、犯人を言い当てるのだ! まあ、後半部分は、ちょっと違うが、途中までは、そんな感じだった! 真犯人の野望とトリックには、オイラも最初に観たときは、騙されたね! 面白い! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • b

    2.0

    前作同様つまらない

    キリスト教や美術、イルミナティに精通している人には面白いのか? 前作も本は面白いのかもしれない。

  • ねこやま

    3.0

    断然、前作の方が良い

    ただのアクションミステリーに成り下がった。 要の謎解きミステリー部分が、前作と比べて遥かに弱い。 ローマの街並みと、教会群を観る映画。

  • tat********

    2.0

    是非とも本で読みたい

    バチカン、カトリック教皇の座をめぐるストーリー。 反重力物質・保存カプセルのバッテリーが切れると大爆発を起こす。これを最終武器とし、祭司を謎解きをさせながら予告殺害してゆく。 誰を信じて良いのか、真犯人は・・・ 宗教を扱う事自体、危険。単なる映画として捉えてもらえない面もあるの。勇気を持っての製作だ。 象の指差す方にある・・・など、短絡的な面もあったかな。 ーー 2022/03/13 7 2回目

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
天使と悪魔

原題
ANGELS & DEMONS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日