2009年3月14日公開

ホノカアボーイ

1112009年3月14日公開
ホノカアボーイ
3.6

/ 584

25%
32%
27%
10%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師として働くことに。ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、恋人と道に迷った末にたどり着いた町だった。不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやって来たこの町で、レオは風変わりだが心優しい人たちと出会う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(307件)

切ない16.2%かわいい15.0%泣ける9.9%笑える9.8%楽しい9.4%

  • nev********

    2.0

    一般人には体験出来ない

    キャストは良かったね。 話の内容は 一般人には体験出来ない事だよなぁ

  • OTO48

    2.0

    イマイチ

    紙一重なんでしょうけど、もちょっとサラっと観せて欲しいかなあ、って印象が強く残りました。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    2.0

    鞄のポーターのオーナーの手記

    大学休学してハワイへ住み込みバイトってやっぱ金持ちはいいなあ、とだけ感じた作品。

  • 濁流。

    1.0

    とてつもなく退屈。

    金持ち息子の自分探し物語。 自己満足オ○ニー映画。 突っ込みどころ満載。 ジャケ借り失敗。 クソつまらんかった。

  • cyborg_she_loves

    2.0

    見る側の置かれた状況によりますね

    この、ひたすら何も起こらないままただゆっっっっくりと流れて行くだけの時間を、「癒やされる」と感じるか、「空虚だ」と感じるかが、この映画に対する評価を分けることになるでしょう。  で、前者の感じを抱く人っていうのは、例えば分刻みで次々に降りかかってくる仕事をこなすのに消耗し切っていて、それこそハワイみたいなのどかな場所で1年ぐらい何事にも束縛されずのんびりと暮らしたい、と思っているようなタイプの人でしょう。  それはそれでよくわかるので、この映画に居心地の良さを感じる人は存分に癒やされてほしいなと思います。  しかし反面、毎日の生活の空虚さ・無意味さに耐えられなくなっているようなタイプの人は、この映画に魅力を感じるところはほとんどないんじゃないでしょうか。  ただ生きてて、道端の椅子に座って風に吹かれてじっとしてるだけで、あー生きてるっていいなあ、と思えるほど恵まれた人生を送ってる人ばかりじゃないでしょうから、世の中。  これ以後、数々の映画やドラマで主演をやる岡田君ですが、それに比べてこの映画の岡田君が際立って魅力的だとも思いません。  また何年後かに見たら受ける印象も変わるのかもしれませんが。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


長谷川潤マライア
正司照枝みずえ
蒼井優カオル
深津絵里チャコ
松坂慶子エデリ

基本情報


タイトル
ホノカアボーイ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル