ここから本文です

アンドロメダ・ストレイン (2008)

THE ANDROMEDA STRAIN

監督
ミカエル・サロモン
  • みたいムービー 12
  • みたログ 78

3.18 / 評価:33件

感情移入が全然できない作品

  • zen***** さん
  • 2012年2月23日 17時36分
  • 閲覧数 631
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画って、やはり主人公は魅力的であってほしい。あ、でも誰が主人公なのって位、存在感のない主人公です。この主人公は、周囲に脅威を与える存在の研究者という設定みたいですが、「どうしてだ」「おしえてくれ」「わからないんだ」と人に聞きまくり。さらに、人類が脅威にさらされているまっただ中なのに、研究所でランニングマシーンで体を鍛えているというシーン。さらに、そこで元不倫相手とイチャツクという最悪のシーンもある。このシーン、本当に必要なのか???映画の始まりの部分から、息子の行方が分からないのは妻のせいだといわんばかりの発言も。それが、良いことの様に描写されているのがまた変。
これらの不自然さは、映画の内容に集中できないくらいの違和感を与えます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ