ここから本文です

クリスマス・ストーリー (2008)

UN CONTE DE NOEL/A CHRISTMAS TALE

監督
アルノー・デプレシャン
  • みたいムービー 111
  • みたログ 194

3.57 / 評価:61件

マチューがやっぱり好き

  • chillchill.michill さん
  • 2011年3月18日 21時30分
  • 閲覧数 422
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

私にとっては思っていたより難解。
家族をテーマにした映画は登場人物が多すぎて、収集がつかなくなってしまっているように思えます。
誰の名前が誰の役だったか追うのが大変。

大好きな俳優がこんなにたくさん出ていて、もう少し、一人ひとりにスポットが当たっていてもいいのでは?
一人ひとりのエピソードから、気がつくと大きな家族の結末へ向かっていくのが理想。
制作スタッフでもないのに、偉そうすみません。

作り少々雑な気も。
映画製作の知識もないし、これから見る方にすみません。
フランスの大きな家に、家族が集まるクリスマスというテーマや設定が好きなのだけど、編集というか、無駄なカットが多いような、見にくいような気も。
しかも2時間てやっぱり長くないですか?
どんなに楽しくても集中力は2時間でしょう。
はじまりから終わりまで、2時間程度できれいに終わる映画がいいな。

この映画はフランス人の着こなしリアルな着こなしが◎
カトリーヌ・ドヌーヴの一家の母としての存在感が◎
変わり者の次男役マチュー・アマルリックが◎
フランスでも日本でも、または他の国でも次男ていうのは変わり者なんですね。

青春の三角関係の結果も、家族の暗闇に放り込まれる。


長い年月を共に生きる家族には、泣いて笑って苦しんでいろんなことがある。
あまりにも許せなくて、縁を切りたいとまで思うことも。
それは私の家族でも、隣の家や、世界中で起こり得ること。

それをフランス映画が表現した。
それにしても性に奔放過ぎませんか~?
男の浮気でも女の浮気でも目の前で浮気なんて許せませんよ~。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ