ここから本文です

クリスマス・ストーリー (2008)

UN CONTE DE NOEL/A CHRISTMAS TALE

監督
アルノー・デプレシャン
  • みたいムービー 111
  • みたログ 194

3.57 / 評価:61件

共感できる対象が皆無なのが限界

  • nekodamashisantaro さん
  • 2011年4月2日 16時47分
  • 閲覧数 376
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

不機嫌な人間が多いので、観ている方もイライラしてくるのですが、考えてみればいつもニコニコ笑顔ばかりの家族なんてあるわけなくて、近い存在の家族だからこそ、いろいろ問題も多いのですよね。
でも、やはりそのいざこざを2時間半も見せつけられると、うんざりしてきます。
このアンリのような弟は姉としては困った存在でしょうけれど、この姉もまた執念深いというか、結構根に持つタイプで、彼女の方にも共感できません。
母親もわがままなら、父親は事なかれ主義。
どの人物にも気持ちを置くことができなかったのがこの映画の限界でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ