レビュー一覧に戻る
Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!

oce********

2.0

反撃のカタルシスが薄い

オーウェン・ウィルソンが出演していることからもコメディなのは分かるが、大人と子供の境界線が曖昧で笑いが中途半端になっている。 いじめられっ子3人組が対抗するため雇ったボディガードのドリルビット・テイラー。 元軍人の肩書きなのだが、実はホームレスといういい加減な男。 オーウェンの役柄としてこういうだらしないのはお得意だが、画面的に弾けない。 3人と打ち解けていくだとか、訓練シーンの場面なども盛り上がりに欠ける。 いじめのシーンがしつこいのも特徴であり、後半反撃の部分が短くカタルシスがいまいち薄い。 ジャド・アパトーやセス・ローゲン制作の作品としては微妙に終わった。

閲覧数346