ここから本文です

鴨川ホルモー (2009)

監督
本木克英
  • みたいムービー 592
  • みたログ 3,178

3.45 / 評価:1507件

完璧なホルモー!

  • YAHOO景子 さん
  • 2009年4月3日 16時49分
  • 閲覧数 2481
  • 役立ち度 205
    • 総合評価
    • ★★★★★

こいつはすごい!
こんな映画は初めてだ!

チョンマゲ・めがね・オニ

これ完璧。
笑いの主役を3つも入れてるんだから、そりゃあ笑いますよ。


原作知らね~~~~!!!!


でも、面白い!

ところどころに仕掛けがあるんだね。
そいつがまた面白いんだ!

オニが可愛い。
オニが面白い。
オニ語。


なんでやね~ん!

突っ込みます!

こんな真面目でバカやる役者を観て、
誰が笑わずにいられようか!

面白い!

オニ語ってなんだよ!

ヘタレな鼻フェチ安倍を扮してるのは山田孝之。
この人、こんなにバカなのか!?
ってぐらい面白いんです!

チョンマゲは・・・ネタバレになるのか!?

いやあえて、めがねだけでも!
めがねは栗山千明だ~~~~!
めがね~~~~~~!

もう一回、めがね~~~~~!!!!!

めがね、大好き!


今作「鴨川ホルモー」というのは、京都を舞台に大学のサークルで、オニを観てオニに打ち込みオニを愛しオニを倒すという青春映画です。(ネタバレ隠し成功)

オニです。


「ホルモー」の意味は?

オニです。


今作舞台が京都なので、この町の風情を楽しむのもこの映画の魅力の1つだと思います。
いや~、しびれます!
オニです。

そうなんですよ、京都って日本なんですよね!なんか日本を改めて「いいもんだ!」と感じさせられたわけです。この京都の持つ奥ゆかしさみたいなのが、見事に映像の中に生きてるんです。オニが。

今作は笑わせようと思って作った映画じゃございません。
役者さんが笑わせてるわけでもありません。
あえて笑ってくれと謙遜された笑いなんです。オニが。

僕はヒネクレものです。
このヒネクレもののゾンビのような僕が笑った、初めてクスっと笑った、クスからオニ語に変わった。

とにかく面白いです!

僕はあえて断言します。
今作は完璧な邦画である、と。

脚本よし、演出よし、音よし、オニよし、全てがいいんだよ、これ!

もうお願いだ!
そのめがねください!

最高な作品!


ふざけたレビューですいません。
でもそれぐらい面白いのです。
オニと役者にかぶりついてください。

でもやっぱり、めがねがいい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ