レビュー一覧に戻る
クジラ 極道の食卓
2009年2月14日公開

クジラ 極道の食卓

1202009年2月14日公開

hir********

4.0

松平健主演の学園青春ドラマ。

お早う御座います。 昨晩は、久し振りに「子持ち昆布」でイッパイでした。 「子持ちししゃも」に「子持ち昆布」と純米辛口・・・そしてDVDは・・・ 「極道の食卓」 これ、パート1と2に分かれてるね・・・元祖マツケン主演です。 マツケンと言えば、元嫁の大地真央も、どこか吹っ切れた感じだし、 マツケン自体も、サンバで大ブレイク! 離婚して、なぜかお互いグン!と良くなったカップルですよね。 「トリック」新作劇場版では、いよいよ、山田・上田コンビと「対決」 そんなノリにノッテル松平健が、ガクラン姿で熱演するのが、この映画。 「極道」「グルメ」に「学園もの」を足した様なテイストの「人情劇」だ。 「ぶっかけ飯」「ソーメン」「魚肉ソーセージ」と、 なかなか、庶民的なグルメが多く、コンビーフの鉄板焼きなんて、メモしちゃいました。 「酒飲み」には、うまそうな「食卓」でしたな・・・ ヤクザの親分が、55歳になって一念発起、定時制に通い始める。 と、いう気持ち・・・何となく、理解できる。 大人になるとねぇ・・・あぁ、もっと勉強しとけば良かったって、フト思う時が有る。 「学ぶ」「知る」と言う事は、幾つになっても遅くはない。 ガクラン・ツメエリ姿のマツケンが、十代の生徒達と「青春」を再び・・・ なんか、「ヤクザもの」というより、「青春学園もの」のニオイがした。 人情ドラマに「重き」を置いてるので、「殺伐」としてなく、 カル~イ感じで、いい具合に楽しめた。 やっぱり、「食」が絡んでくると、ドラマ自体がなごむよね。 「食」を楽しむ事が、できる人(決して高いモノを食うって事じゃなくて)は、 「人生」を楽しむ事も、できる人だと思う。 ☆の評価は4つ。パート2を、まだ観ていないので・・・

閲覧数1,137