ここから本文です

MW-ムウ- (2009)

監督
岩本仁志
  • みたいムービー 591
  • みたログ 2,181

2.72 / 評価:1133件

解説

漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。彼を救済しようと悪と正義の間で苦悩する神父には『クローズZERO』の山田孝之。監督には『明日があるさ THE MOVIE』の岩本仁志があたり、現代社会の病理を浮き彫りにした原作の世界観を壮大なスケールで描き出している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」を手にした結城は世界滅亡をもくろむ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2009 MW PRODUCTION COMMITTEE
(C)2009 MW PRODUCTION COMMITTEE

「MW ムウ」玉木宏は新境地を開拓したが、演出が空回り

 「日本映画史上、規格外のアクション映画を撮ろう」という信念から敢行された、冒頭のタイ・ロケーション。その大作感溢れる大胆な試みは認めたいが、本筋ではなく、冷酷無比なテロリスト・結城のキャラを表わすシーンにしては、あまりに時間を割きすぎた。そのため、作品の命ともいえる、サスペンスとしての緊迫感が途切れてしまった。その流れは本筋に入ってからも変わらず、メリハリのない展開がただ続いていく……。

 だが、結城を演じる玉木宏は妙に艶っぽく、美しきダークヒーローをモノにし、見事に新境地を開拓している。これで同性愛描写など、原作と同じビザール感を色濃く描けば、それはそれで評価ができただけに悔やまれる。かといって、“玉木版「太陽を盗んだ男」”として観るには、やはり空回りが続く演出が厳しすぎる。

 一方、近年はどの作品でも芸達者っぷりを発揮している山田孝之。だが、今回の賀来神父に関しては、残念ながら貫録に欠けるため、完全なミスキャストになってしまった。このように、“早すぎた原作”の映画化として観るのは不可能だけに、玉木のプロモーションビデオとして観るのがいいだろう。(くれい響)

映画.com(外部リンク)

2009年6月25日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ