ここから本文です

鈍獣 (2009)

監督
細野ひで晃
  • みたいムービー 295
  • みたログ 764

2.63 / 評価:334件

舞台劇の映画化って難しい

  • クドヒデ さん
  • 2010年1月19日 22時11分
  • 閲覧数 270
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この『鈍獣』が、パルコ劇場で上演されたのは何年前のことでしょう
クセ者揃いの素晴らしいキャスティングでした
観に行きたかったけどチケットがとれず、とても悔しい思いをしました
でも、なぜ今、映画なんだろう?

面白いです
ただ、ウォーッ面白れえ!というほどじゃない

はるか昔、『熱海殺人事件』の映画版を観た時と同じような感覚です
つまらないわけじゃないんだけど
なんかチグハグな感じ…

僕が思うに、この手の作品は
監督さんがどれだけ“戯曲としての面白さ”を理解しているか?
…が成否の分かれ目だと思うのです
そんなことを全くお構い無しに、ストーリーの上っつらだけを追うと
『幕末純情伝』の映画版のような出来になってしまいます

戯曲としての面白さを理解した上で
映画ならではのオリジナリティとして
どこまで、映像としての遊びを入れるか?
いかに監督個人の色を出すか?
難しいところだと思います

オリジナルの舞台のDVDが
とても観たくなりました

あっ、繰り返しますけど
決してつまらない作品ではないですよ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ