ここから本文です

鈍獣 (2009)

監督
細野ひで晃
  • みたいムービー 294
  • みたログ 751

2.64 / 評価:326件

・・・まちがってるぞぉ~

  • dachi さん
  • 2010年11月25日 7時54分
  • 閲覧数 785
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんか、ストーリーの解釈、間違ってる人多くないすか?

凸やんの事を、殺しても殺しても死なないので、途中で、江田が
「お前、凸川だろ」
と言います。凸川は、昔、電車に轢かれて死んだ西の横綱。

凸やんが凸川だとすると、小説を書いていなかったと言い張っていたこと、幼馴染なら当然、覚えているだろうことを忘れたと言い張っていたことも辻褄があう。

ただ、列車に轢かせて、また殺そうとした時、岡本が凸やんには乳首が3つあったことを思い出し、シャツをめくると、そこにはやっぱり3つ目の乳首があった。

凸やんは、やっぱり凸やんだったのだ。(凸川ではなく)
岡本が「小説書いてただろ?」と聞くと、あっさり「うん、書いてた」と言う。

だから、ラスト江田は凸やんをウルフと呼ぶ。ウルフと呼ばれたかったのは凸やんだからだ。

って、普通に観てれば判ることだけど。

なんで、凸やんを凸川だと思ってる人多いの?

まぁ、脚本にひねりがなくなって、ただのつまんない話だったから、凸やんが凸川のほうが本当はいいんだけど。
結局、本物の凸川でてこないし。(てっきり、電車の中に乗ってたデブがそうかと思った)

…まぁ、散々っぱら殺そうとして、拳銃2発足に撃っといて、笑って仲良しこよしは無理あんだろ……っていうお話。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ